Apple、「AirPods Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」の適用期間を延長

Appleは昨年10月より、ごく一部の「AirPods Pro」に音の問題が起きる可能性があることから無償修理を行う「AirPods Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」を実施していますが、MacRumorsによると、Appleが本サービスプログラムの適用期間を延長しています。

この問題が確認されているのは、2020年10月より前に製造された「AirPods Pro」で、対象となる「AirPods Pro」には以下の症状 (いずれかまたは両方) が見られることがあり、問題がある場合はAppleやApple 正規サービスプロバイダで無償修理サービスが受けられます。

  • AirPods Proから異音 (「パチパチ」という音など) がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる。
  • アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。たとえば、低音が欠落したり、背景音 (街頭や飛行機の騒音等) が大きくなるなど。

当初、本プログラムは

  • 『対象となる AirPods Pro に対し、その最初の小売販売日から2年間適用されます。』
  • と案内されていましたが、現在は

  • 『対象となる AirPods Pro に対し、その最初の小売販売日から 3 年間適用されます。』
  • に変更されており、適用期間が最初の小売販売日から3年間に拡大・延長されています。

    AirPods Proの音の問題に対する修理サービスプログラム – Apple

    <iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

    AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

    2 COMMENTS

    匿名

    このプログラムが適用される前に同内容で2回交換したから頻度としては少なくないと思う。

    返信する
    匿名

    私も異音(揺れや振動に合わせて、パチパチ異音がする。ノイズキャンセリングがハウリングする等)によりAppleCareにて4度交換しました。

    返信する

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。