折りたたみ式「iPhone」の登場は2024年以降か

9To5Macによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、最新の調査報告で、予てから噂されている折りたたみ式「iPhone」は2024年に発売されるだろうと予測していることが分かりました。

一つ前の記事で、同氏がディスプレイ内蔵型Touch IDの搭載が2023年後半に発売される「iPhone 15」まで延期されたと予測していることをお伝えしましたが、同氏は同じレポートの中で、折りたたみ式「iPhone」については2024年に延期されたようだと報告しています。

延期の理由は、どちらも開発の進捗状況が予想を下回っていたことが原因とのこと。

なお、これまでの情報では、折りたたみ式「iPhone」は7.5〜8.0インチのディスプレイが搭載されると言われており、今年8月にBloombergのMark Gurman氏が登場までには少なくとも2〜3年は掛かる見込みと報告しています。

「iPhone 14 Pro」シリーズはパンチホール式ディスプレイを採用?? − 5G対応「iPhone SE」が来年前半登場との予測も 折りたたみ式「iPhone」の登場は早くても2〜3年先

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

1 COMMENT

匿名

ガラケーの時代もソニエリのストレートを選んで買っていた。なのでいらないかな。出たとしてもめちゃくちゃ高いんだろうし。折りたためるだけの機構にそこまでの価値を見出せない。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。