「iPhone 14 Pro」シリーズはパンチホール式ディスプレイを採用?? − 5G対応「iPhone SE」が来年前半登場との予測も

(画像はiPhone 13 Pro)

9To5Macによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、来年に発売される「iPhone 14」シリーズに関する予測情報を報告していることが分かりました。

同氏じゃ、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」には新しいデザインのパンチホール式ディスプレイが搭載され、リアカメラには4,800万画素の広角カメラが搭載されると予想しています。

「iPhone 14」シリーズは、6.1インチの「iPhone 14」と「iPhone 14 Pro」、6.7インチの「iPhone 14 Max」と「iPhone 14 Pro Max」の計4モデル構成になると言われており、エントリーモデルの「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」はノッチ有りのデザインが引き続き採用され、「iPhone 14 Max」については900ドル以下の価格になるだろうと予測しています。

また、ディスプレイ内蔵型のTouch IDについて、同氏は以前に「iPhone 14」シリーズに搭載される可能性があると報告していたものの、この主張を撤回し、開発の進捗状況が予想を下回ったことからディスプレイ内蔵型Touch IDを搭載した「iPhone」の発売を2023年後半に延期したようだと報告しています。

さらに、同氏は2022年上半期に5Gに対応した新型「iPhone SE」、2022年下半期により手頃な価格帯の6.7インチの新型「iPhone」が投入されるとも予想しています。

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。