「iPhone 13」と「Apple Watch Series 7」の特徴のまとめをBloombergの著名記者が報告

BloombergのMark Gurman氏が、Appleが9月15日午前2時より開催する発表イベントで発表するとみられている「iPhone 13」と「Apple Watch Series 7」の特徴のまとめ情報を報告しています。

Mark Gurman氏が報告している「iPhone 13」と「Apple Watch Series 7」の特徴は下記の通り。

iPhone 13

  • iPhone 12からデザインは変わらないものの、ノッチが小型化
  • リアカメラはProモデルが3眼カメラ、スタンダードモデルは2眼カメラ
  • カメラの新機能はポートレートモードの動画版、AIを活用した新しいフィルター機能、ProRes形式のサポート(Proモデルのみ)
  • 「A15」チップ搭載(A14とコア数は同じだが少しだけ性能は向上)
  • ProモデルにLTPOディスプレイ搭載、リフレッシュレートが向上
  • 緊急通信用の衛星通信機能(実際に利用可能になるのは来年)

Apple Watch Series 7

  • フラットエッジデザイン採用で筐体刷新
  • ケースサイズは41mmと45mm
  • 画面サイズが大型化され、ベゼルはより狭く
  • より高速なS7チップ搭載
  • 新しい文字盤を搭載
  • 新しいバンドが用意される
  • 健康関連の新しいセンサーや機能は搭載されず

なお、「Apple Watch」への体温や血圧、血糖値を測定するセンサー搭載については、来年発売の「Apple Watch Series 8」になると報告しています。

[via 9To5Mac

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。