「Apple Watch Series 7」には旧モデルと互換性のない新しいバンドが採用される??

Appleが今月発表するとみられる「Apple Watch Series 7」ではケースサイズが41㎜と45㎜に拡大されるものの、バンドの互換性は保たれると噂されていますが、Android PoliceのMax Weinbach氏が、「Apple Watch Series 7」では「Apple Watch」の旧モデルとは互換性がない異なるバンドが採用される可能性があると報告しています。

同氏はApple Storeの従業員から現行の40㎜/44㎜のバンドが入荷していないと聞いているようで、「Apple Watch Series 7」が古いバンドを使用出来ないことを意味しているのかは分からないものの、BloombergのMark Gurman氏も、Apple Storeでは40㎜/44㎜のバンドの在庫が不足していることを報告しています。

他にも、iPhoneの大容量モデルやiPad (第8世代)の在庫も減少しているようで、Appleが新製品発売に向けて在庫調整を行っていることが予想出来ます。

また、Appleは「iPhone 13」シリーズの発売に向けて、店舗スタッフに対し、eSIMアクティベーションのトレーニングを推進している模様。

バンドの互換性については互換性があるとの情報もあり、実際のところどうなるのかは発表を待つしかなさそうですが、「Apple Watch Series 7」ではデザインがフラットなエッジデザインに刷新され、ディスプレイサイズが大型化されると言われています。

「Apple Watch Series 7」のディスプレイサイズや解像度など一部詳細が明らかに 「Apple Watch Series 7」向け純正バンドを撮影したとみられる新たな写真が登場 − バンドの互換性は維持か

1 COMMENT

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。