「Apple Watch Series 7」向け純正バンドを撮影したとみられる新たな写真が登場 − バンドの互換性は維持か

「Apple Watch Series 7」のケースサイズは41㎜と45㎜になるとの噂されており、本日、45㎜モデル向けの純正バンドを撮影したものとみられる写真が公開されましたが、「Apple Watch Series 7」向け純正バンドに関する新たな情報が出て来ました。

その情報を報告しているのはリーカーのMajin Bu氏で、同氏の情報筋によると、Appleは「Apple Watch Series 7」向けの純正バンドの量産を開始しており、サイズは41㎜と45㎜になるとのこと。

また、「Apple Watch Series 7」の41㎜モデルに対応したブレイデッドソロループとみられる写真(上記画像)も公開しています。

さらに、これまでのバンドも「Apple Watch Series 7」と互換性がある可能性も明らかにしており、この情報が本当であれば、ケースサイズは変わるものの、バンドの接続部分の幅は変わらず、互換性が保たれることになります。

「Apple Watch Series 7」でケースサイズが41㎜/45㎜に変更される事を示唆する新たな画像が公開される 「Apple Watch Series 7」のケースサイズは41㎜と45㎜に??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。