「Apple Watch Series 7」のディスプレイサイズや解像度など一部詳細が明らかに

Bloombergが、関係者の話として、「Apple Watch Series 7」に関する詳細を報じています。

「Apple Watch Series 7」はケースサイズが41㎜と45㎜になり、ディスプレイのサイズは1.78インチから1.9インチに大型化され、ディスプレイ周りのベゼルもより狭くなります。

また、45㎜モデルの解像度は396×484になり、ピクセル数が約16%増加し、コンプリケーションをより多く表示出来るようになるとのこと。

この新しいディスプレイサイズを活用するためにAppleは新しい文字盤を開発しており、インフォグラフモジュラーのアップグレード版で、画面の横幅いっぱいに表示できる大きなコンプリケーションを最大2つ配置できる「Modular Max」や、時間の流れや現在の時間に応じて変化する「Continuum」、24のタイムゾーンを同時に表示する「Atlas」と「World Timer」などが搭載され、エルメスモデルやNikeモデル向けにも新しい文字盤が開発されているようです。

他にも、より高速なプロセッサが搭載される他、フラットなエッジのケースデザインが採用され、ディスプレイにも新しい技術が搭載されるものの、製造上の問題で出荷が遅れるか、発売時に供給不足になる可能性があるそうです。

なお、来年には体温センサーが追加され、新しい健康機能などが利用可能になる予定の「Apple Watch Series 8」に加え、「Apple Watch SE」の新モデルやスポーツ向けモデルも投入される予定とのこと。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。