M1チップ搭載「MacBook Pro/Air」、ディスプレイにヒビが入る問題が複数報告される

9To5Macによると、M1チップを搭載した「MacBook Air」と「MacBook Pro」の両モデルで、通常に使用していたにも関わらずディスプレイにヒビが入るという問題が複数報告されていることが分かりました。

あるユーザーは、M1チップ搭載「MacBook Pro」を2021年3月に購入し、現地時間7月29日の朝に開けたところ、ディスプレイにヒビが入っていたようで、Appleに連絡したところ、修理代として570ポンド(約87,000円)の前払いを強いられ、ディスプレイを傷つけるようなことは何もしてないと伝えたものの、ユーザーが壊したかどうかの最終的な判断はAppleの技術者が行い、ユーザー側に非がある場合は修理代を支払うことになるようです。

AppleのサポートコミュニティRedditの両方に同様の問題のスレッドが立てられており、ラップトップを閉じた時にヒビが入ったという報告例や、使用しようとして開いたらヒビが入っていたといった報告例が挙げられています。

また、6ヶ月前に「MacBook Air」を購入したというユーザーは、明らかな理由もなく、ディスプレイが割れてしまったようで、夜に「MacBook Air」を机の上に置いたままにしておき、次の日に開いたところヒビが入っていたそうです。

Appleの正規代理店に問い合わせたところ、ディスプレイとキーボードの間に米粒ほどのものを置いて発生したようなヒビの為、Appleの保証は適用されないと言われたそうで、他にも、机の上に置いており、次に開いたらヒビが入っていたという例が複数報告されています。

原因は不明ですが、フレームの強度が弱すぎて、閉じたり開いたり、持ち運んだりする際にディスプレイがたわみ、ディスプレイが適切に保護出来ていないのではないかとも予測されています。

恐らく、何らかの要因でキーボードにディスプレイが当たってヒビが入っているものと予想されますが、両モデルを閉じる際は、念の為、何か挟み込んでいないかを注意した方が良さそうです。

ちなみに、Microsoftの「Surface Laptop 3」でも同様の問題が報告され、最終的にMicrosoftが問題を認めましたが、その時はディスプレイを閉じた際にシャシーの一部がディスプレイに当たってしまうことが要因でした。

4 COMMENTS

匿名

タイトルがおかしいですね。「何もしていない」ではないです。
開いたときや閉じたときに割れたという報告なので構造上の欠陥でしょう。

返信する
匿名

一般的な使い方をしていたを何もしていないと表現する人は結構居る
IT系ではよく聞く表現かな、ネガティブな意味が殆どだけど

返信する
匿名

前にiPad Proのメモリ枠が5GBまでだったかの記事も、タイトル文章を理解できず書き方が悪いと言ってる人がいたなあ。
ヤフコメもだけど最近この手の人達が悪目立ちしてる印象がある。
それはそうとApple製品は故障も楽しむべきと思うくらい壊れる印象だわ。特にMacBookとiPad。

返信する
匿名

日本製PCは
液晶がたわむし、額縁が液晶から盛り上がってる。
リンゴPCは
ガラスだし、真っ平ら。
そりゃわずかな製造上のズレで壊れるわな。

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。