Apple、「macOS Big Sur/Catalina」の一部ユーザーで「Safari 15」のベータテストを実施

今年後半にリリース予定の「macOS Monterey」にはタブ周りのユーザーインターフェイスが刷新された「Safari 15」が搭載されますが、Appleが「macOS Big Sur」と「macOS Catalina」の一部ユーザーを「Safari 15」のベータテストに招待していることが分かりました。

「macOS Big Sur/Catalina」向け「Safari 15」のベータ版は、AppleSeed Programでランダムに選ばれた一部のユーザー向けに提供されており、テスターに対しては、「Safari 15」のプレリリース版をテストし、意見を聞かせて欲しいと案内しています。

「Safari 15」では、タブバーがアドレスバーと並んで表示され、見ているウェブサイトと同じ色になるなど、タブ周りのUIの変更が行われていますが、そのUIの変貌ぶりに戸惑うユーザーも多く、先日リリースされた「macOS Monterey beta 3」では従来のようにタブバーをアドレスバーの下に表示することが出来るオプションが追加されました。

今回、「macOS Big Sur」と「macOS Catalina」の一部ユーザー向けにベータ版が配布されたことから、Appleはより多くのフィードバックを得るために「Safari 15」のテストを拡大したい意向があるものと予想されます。

なお、ベータテストは招待制となっており、「macOS Big Sur」と「macOS Catalina」で「Safari 15」に搭載される新機能を試したい方は「Safari Technology Preview」を利用するといった方法もあります。

【追記】
開発者登録されている方はこちらから「macOS Catalina」向け「Safari 15 beta 1」がダウンロード可能です。

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。