Apple、「A13」チップと「ニューラルエンジン」を搭載した外付けディスプレイをテスト中

(画像はPro Display XDR)

9to5Macが、関係者からの情報として、AppleはA13チップとNeural Engine(ニューラルエンジン)を搭載した外付けディスプレイを内部でテストしていることが分かったと報じています。

この新しいディスプレイは「J327」というコードネームで呼ばれており、現時点では「A13 Bionic」チップとNeural Engineが搭載されていること以外の技術仕様は明らかになっていないとのこと。

Appleは安価な一般ユーザー向けのディスプレイを開発しているとのもありますが、このディスプレイは「Pro Display XDR」に代わるモデルになる可能性が高いとみられています。

なお、外付けディスプレイにCPUとGPUを内蔵させることで、Macに搭載されたチップのリソースを全て使わずに高解像度のグラフィックスを実現することが可能な他、ディスプレイのSoCとMacのSoCを組み合わせることで高度なグラフィックス処理を行う際のパフォーマンスを向上させることも可能になるようです。

Apple、今年後半にデザインを刷新した新型「iMac」を投入へ − 2種類の次期「Mac Pro」や安価な外付けモニターも開発中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。