Apple、「Boot Camp」の最新アップデートでWindowsでの高精度タッチパッド操作をサポート

The Vergeによると、Appleが「Boot Camp」の最新アップデート(ver 6.1.15)をリリースし、Windowsで高精度タッチパッド操作「Precision Touchpad」が利用可能になったことが分かりました。

「Boot Camp」は、Intel製チップを搭載したMacにWindowsをインストールする為のユーティリティで、最新版のバージョン6.1.15ではApple T2チップを搭載したMacにおいて高精度タッチパッド操作が可能になり、「1本指タップでシングルクリック」や「タッチパッドの右下隅で右クリック」「ダウンモーションで上スクロール」「3本指ジェスチャー」の操作が利用可能となっています。

Mac上のBoot Campで実行しているWindowsでトラックパッドオプションを設定する – Apple

なお、Apple T2チップを搭載したMacは下記の通りで、「iMac」や「Mac Pro」などのデスクトップモデルに接続した「Magic Trackpad」でも同機能が利用可能となっているのかは未確認です。

・iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020)
・iMac Pro
・Mac Pro (2019)
・Mac Pro (Rack, 2019)
・Mac mini (2018)
・MacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)
・MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)
・MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)
・MacBook Pro (13-inch, 2020, Two Thunderbolt 3 ports)
・MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 ports)
・MacBook Pro (16-inch, 2019)
・MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 ports)
・MacBook Pro (15-inch, 2019)
・MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 ports)
・MacBook Pro (15-inch, 2018)
・MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 ports)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。