新型Macは11月まで投入されないかも

先日の「WWDC21」の基調講演では新型「MacBook Pro」が発表されると噂されていたものの、実際には何も新製品は発表されなかったのですが、ZDNetが、過去14年間のAppleの新型Macの発売日をまとめた結果、新型Macは11月まで登場しないのではないかと予測しています。

上記画像は過去14年間にAppleが新型Macを”発売した月”をまとめたもので、数字が記載されている月はその月に発売されたMacの製品数を示しており、数字の入ってない月は1つの製品しか発売されなかったことを示しています。

この統計から、まず2007年から2016年までは毎年10月に必ず新型Macが発売されていたことが分かり、ここ数年はその傾向は薄れてきているようですが、秋以降は最後の3ヶ月(10〜12月)に集中していることが分かります。

また、2007年1月以降に発売された64の製品のうち、夏(7〜9月)に発売されたのはわずか9製品で、統計した期間の全リリースの14%に過ぎず、さらに、7〜9月期に発売された製品のうち1つの除いた全てが2014年以前の実績となっており、過去6年間で7〜9月に発売された新型Macは2018年7月に発売された「MacBook Pro (2018)」の1件のみとなります。

ここ数年でみると、新型Macの発売月は3月、5月、11月に偏っており、ZDNetが過去のパターンと同社が持つスーパーコンピューターで行った総合的な分析によると、今年は新型Macは11月まで投入されないものと予測しています。

ちなみに、昨年は9月に新型Apple Watch、新型iPad Air、新型iPadの発表を行い、10月に新型iPhoneとHomePod mini、11月に新型MacBook Air、新型MacBook Pro 13インチ、新型Mac miniを発表しています。

この統計からの推測がどこまで当たるのかは不明ですが、7月に何も動きがなければ少なくとも10月まで新型Macが登場する可能性は低そうで、10〜11月頃に新型チップと新型Macの大規模な発表イベントが開催され、新型MacBook Proや新型Mac Proが発表されるのかもしれません。

2 COMMENTS

匿名

>過去のパターンと同社が持つスーパーコンピューターで行った
そこ、ボケですよ。突っ込めるくらいに訳しておかないと

返信する
匿名

今は世界的に半導体不足なので新型Mac(14インチ及び16インチMacBook Proや27インチiMacの後継モデル)の発売スケジュールもその影響を受けているはずです

ま、秋にmacOS Montereyリリースに合わせて新型MacBook Proが発表される可能性が一番高そうですね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。