楽天モバイルのiOS版「Rakuten Link」アプリの仕様変更は6月24日以降に

先日、楽天モバイルが「Rakuten Link」アプリのiOS版の仕様変更を2021年6月15日より順次行う予定であることを発表していましたが、本日、その仕様変更日時が”6月24日より順次”に決定したことを案内しています。

仕様変更は「音声通話の着信」と「SMS送受信」に関するもので、「Rakuten Link」アプリを利用していない相手からの電話を着信する場合、現在は「Rakuten Link」アプリに着信しているのが、仕様変更後はiOS標準の「電話」アプリに着信するようになります。

これにより、海外で非Rakuten Linkユーザーから電話を受けた場合は、それぞれの国・地域別の従量課金になります。

また、「SMS送受信」については、非Rakuten LinkユーザーとSMSを送受信する場合、現在は「Rakuten Link」アプリでSMSの送受信が可能ですが、仕様変更後はiOS標準のメッセージアプリでの送受信となり、メッセージを送信する場合の料金が一部有料となります。

なお、今回の仕様変更の詳細は下記リンク先をご覧下さい。

【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ – 楽天モバイル
楽天モバイル

3 COMMENTS

匿名

他キャリアも有料だから別に良いんだけど
アプリの使い分けは面倒だし間違えるから勘弁して欲しい

返信する
marr

R-linkアプリは、プライバシーをある程度渡すことで安価で利用出来ていたので、誰それと何分くらい連絡をとっていたことなどほんの少しでも抜かれたくはないので、この仕様変更は歓迎だな

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。