楽天モバイル、6月15日よりiOS向け「Rakuten Link」アプリの仕様変更を実施へ

本日、楽天モバイルは、2021年6月15日(火)より「Rakuten Link」アプリのiOS版の仕様変更を行うことを案内しています。

仕様変更は「音声通話の着信」と「SMS送受信」についてで、「Rakuten Link」アプリを利用していない相手からの電話を着信する場合、現在は「Rakuten Link」アプリに着信しているのが、仕様変更後はiOS標準の「電話」アプリに着信するようになります。

また、ユーザーが「Rakuten Link」アプリのiOS版を利用し、通話相手が「Rakuten Link」アプリを利用しない場合の通話(発信/着信)料金にも変更があり、海外で電話をうける場合、これまでは「Rakuten Link」アプリで着信可能だったことから無料でしたが、6月15日以降は国・地域別の従量課金になるとのこと。

次に、「SMS送受信」についての仕様変更は、「Rakuten Link」アプリを利用していない相手とSMSの送受信をする場合、現在は「Rakuten Link」アプリでのSMS送受信が可能ですが、仕様変更後はiOS標準のメッセージアプリでのみSMS送受信が可能になります。

ただ、この仕様変更により、メッセージを送信する場合の料金が一部有料となります。

なお、今回の仕様変更の詳細は下記リンク先をご覧下さい。

【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ – 楽天モバイル
楽天モバイル

1 COMMENT

T

微妙…。
でもこれで楽天モバイルがApple Watch対応してくれれば、ahamoとかもApple Watch対応してくれる世界線が見えてきて楽しいかも。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。