「iPhone 13 Pro」のものとされる図面が公開される

著名リーカーのDuanRui氏が、「iPhone 13 Pro」のものとされる図面を公開しています。

「iPhone 13」シリーズのものとされる図面は、過去に「iPhone 13 Pro Max」と「iPhone 13 mini」のものが公開されていますが、全てのモデルに共通して言えるのは、ノッチが小型化されていることと、リアカメラの各レンズが大きくなっていること(カメラ部分の出っ張りも大きくなっている)、本体の厚みが僅かに増していることです。

今回公開された図面から「iPhone 13 Pro」の本体サイズは、高さと横幅は「iPhone 12 Pro」から変わりないものの、厚みが7.4㎜から7.53㎜へと僅かに増加していることが確認出来ます。

また、リアカメラのレンズのサイズは、「iPhone 12 Pro」は約12㎜なのに対し、「iPhone 13 Pro」は17㎜と約5㎜も大きくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。