「AirTag」は早ければ2019年に発売される可能性があった模様

Appleが昨日に発売した紛失防止タグ「AirTag」は2019年からその存在が噂されてきましたが、「AirTag」や純正レザーキーリングのパッケージから、Appleは早ければ2019年にも「AirTag」を発売する準備を行っていたことが分かりました。

「AirTag」のパッケージには”2020年”と記載されており、「AirTag レザーキーリング」の箱の中に入っている書類には”2019年”と記載されていることから、Appleは早ければ2019年の時点で「AirTag」を発売する準備を行っていたようです。

また、FCC(米連邦通信委員会)への申請書類から、Appleが2019年に「AirTag」の認証を申請していたことも明らかになっており、もう少し早く発売された可能性もあったようです。

2年間も発表・発売されなかった正確な理由は不明なものの、競合するTileから反競争的な行為を受けたとの告発に直面し、現在も調査されていることが関連しているのではないかとみられています。

AirTag – Apple

[via MacRumors

1 COMMENT

匿名

当時AirTagを出していたら確実に独禁法に抵触していた。
残念な事に市場開放の定義を理解できていない日本人て結構いるんだよね。
「AppleがOS管理してるんだから機能に優位性があって当然」みたいなとんでもコメントを未だに見かけるし。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。