「iMac 24インチ」は同モデル限定のスクリーンセーバー「Hello」を搭載 − 他のMacで利用する方法も

9To5Macによると、本日発表された「iMac 24インチ」には同モデル限定のスクリーンセーバー「Hello」が搭載されていることが分かりました。

「Hello」のスクリーンセーバーは「macOS 11.3 RC」で追加されたもので、現在のところ「iMac 24インチ」以外のデバイスでは利用出来なくなっています。

ただ、「macOS 11.3 RC」以降が必要であるものの、ちょっとした方法で同スクリーンセーバーを他のMacでも利用することが可能で、その方法は下記の通り。

  1. 「macOS 11.3 RC」にアップデート
  2. Finderで「/システム/ライブラリ/Screen Savers」にアクセスし、「Hello.saver」をデスクトップにコピー
  3. コピーした「Hello.saver」の名称を任意の名称(Hellocopy.saverなど)に変更
  4. 名称を変更後にダブルクリックしてインストール
  5. システム環境設定の「デスクトップとスクリーンセーバ」で「Hello(ハロー)」を選択

なお、同スクリーンセーバーは「macOS 11.3」が必須となっており、「macOS 11.3 RC」よりも前のバージョンにインストールしようとすると「macOS 11.3が必要です」とエラーが表示されるそうです。

最後に、同スクリーンセーバーを「MacBook Pro」で動作させている映像が下記動画です。

1 COMMENT

匿名

こちらのスクリーンセーバ、iMac以外だと設定には表示されませんが、ランダムに設定していると選択肢に入るようで時々表示されています。MacBook Air (M1, 2020) + macOS 11.3.1で確認しました。バグなのかもしれないですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。