Apple、ランダム方式のシリアルナンバーをまもなく導入へ

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

Apple、ランダム方式のシリアルナンバーをまもなく導入へ

先月、Appleが製品のシリアルナンバーをランダム化する予定だとお伝えしましたが、MacRumorsによると、シリアルナンバーのランダム化はまもなく導入されるようです。

Appleは現地時間4月20日に発表イベントを開催しますが、そのイベントを前に正規販売代理店などに対し、ランダムなシリアルナンバーを採用した新製品に備えるよう通達していることが分かりました。

現在の製品のシリアルナンバーは顧客やサービスプロバイダが製造された日付や場所を特定することが可能な形式となっており、最初の3文字は製造場所、次の2文字が製造年と製造週、最後の4文字がデバイスのモデルや色やストレージ容量を示しています。

新しいシリアルナンバーには製造情報などは含まず、10文字もしくは12文字の英数字で構成される完全なランダム形式のシリアルナンバーになると言われており、恐らく4月20日に発表される新製品より導入されるものと予想されます。

[kanren id=”137437″ target=”_blank”]



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次