Apple、製品のシリアルナンバーをランダム方式に変更へ

MacRumorsによると、Appleがまもなく製品のシリアルナンバーをランダム化することが分かりました。

これは同サイトが入手したAppleCareに関する社内メールから明らかになったもので、現在の製品のシリアルナンバーは顧客やサービスプロバイダが製造された日付や場所を特定することが可能な形式となっており、最初の3文字は製造場所、次の2文字が製造年と製造週、最後の4文字がデバイスのモデルや色やストレージ容量を示しています。



8〜14文字の英数字で構成される完全なランダム形式

新しいシリアルナンバーは、製造情報などは含まれず、8〜14文字の英数字で構成される完全なランダム形式のシリアルナンバーになり、その変更時期は”2021年初頭”と案内されており、まもなく変更されることが予想されます。

なお、現在出荷されている製品は現行の形式を使用し続け、将来の製品から新しい形式を採用するとも案内しているので、今月23日に発表される新製品からこの形式が採用される可能性が高そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。