「iPhone 13」とされるモックアップが早くも登場 − ノッチは横幅が小さくなる??

Macお宝鑑定団Blogが、今年発売される「iPhone 13」シリーズの6.1インチモデルとされる3Dプリントモックを入手したとして、その詳細を公開しています。

まず、画面上部のノッチ部分のサイズは、高さ5.30mm×幅34.83mmから5.35mm×26.80mmになり、横幅が8㎜ほど小さくなっています。

また、受話スピーカーは筐体側に寄せられて配置されており、受話スピーカーが上に移動したことにより、各種センサーやカメラが中央部に寄せられる形で配置されるようです。

さらに、フロントカメラはこれまでのスピーカー/マイクの右側に配置されていたのが左側に変更され、リアカメラ周りの位置やサイズは「iPhone 12 Pro」から変わりない模様。

なお、このモックアップが実際に本物の図面から作成されたものかどうかは確認出来ないものの、モックアップの画像はMacお宝鑑定団Blogをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。