Apple、「iPhone」の2023年モデルから自社製の5Gモデムチップを採用か

Appleは2019年にIntelのスマホ向けモデム事業を買収し、独自にセルラーモデムを開発していると噂されていますが、その自社開発の5Gモデムチップは「iPhone」の2023年モデルから採用される可能性が浮上しました。

これはBarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏とThomas O’Malley氏が報告しているもので、Appleが自社開発した5Gセルラーモデムチップは2023年に発売される「iPhone」の全てのモデルに採用される可能性が高いとのこと。

これまでにAppleは5Gモデムチップを開発していると何度か報じられており、Appleの5Gモデムチップはsub-6GHzとmmWaveの両方をサポートすると言われています。

なお、現行の「iPhone」シリーズにはQualcomm製のモデムチップが搭載されており、今年発売される「iPhone 13」にはQualcommのSnapdragon X60が、2022年発売の「iPhone 14」にはSnapdragon X65が搭載される可能性が高く、2023年から自社製に切り替えられるのかもしれません。

[via MacRumors

Apple、独自のセルラーモデムチップの開発を開始 Apple、2022年までに「iPhone」に自社開発の5Gモデムチップを採用へ Apple、Intelのスマホ向けモデム事業を買収

3 COMMENTS

ショウヘイ

その自社開発の5Gモデムチップは「iPhone」の2013年モデルから採用される可能性が浮上しました。

2013年モデルから
では?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。