Apple、「Final Cut Pro」にサブスクリプションを導入か

Patently Appleによると、Appleが欧州で動画編集ソフト「Final Cut Pro」の商標を更新したことが分かり、その内容から「Final Cut Pro」にサブスクリプション(定額制)を導入する可能性が出て来ました。

Appleは現地時間の2月22日付けで欧州で登録済みの「Final Cut Pro」の商標に新たな区分として「第42類」を追加しています。

この「第42類」には“オンラインによるアプリケーションソフトウェアの提供(SaaS)、コンピュータソフトウェアプラットフォームの提供(PaaS)”が含まれており、月額及び年額のサブスクリプションを採用している「Microsoft Office 365」の商標登録にもこの「第42類」が含まれているそうで、これらのことから、Appleが将来的に「Final Cut Pro」にサブスクリプションを導入することを検討しているのではないかと予測されています。

ちなみに、「SaaS」は「Software as a Service」の頭文字を取った略語で、これまでパッケージ製品として提供されていたソフトウェアを、インターネット経由でサービスとして提供・利用する形態のことを指しており、「PaaS」は「Platform as a Service」の頭文字を取った略語で、アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアやOSなどのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指しています。
(参考:Cloud Ace

3 COMMENTS

匿名

まあこんだけ悪評ついたソフトを今更買い切りで入手する奴とかツラを拝んでみたいから割とアリだと思うわ。
すぐに切れるからなw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。