Appleの4つの未発表チップのパーツナンバーが明らかに

セキュリティ研究家でプロセッサ関連の情報に詳しいLonghorn氏(@never_released)が、Appleが開発中の新型チップに関する情報をTwitterで投稿しています。

同氏は未発表のApple製チップのパーツナンバーを報告しており、現時点で「t6000」「t6001」「t8110」「t8112」の4つのチップが確認されているとのこと。

ちなみに「A14」チップは「t8101」、「M1」チップは「t8103」とのことで、今回明らかになった4つのチップがどの製品向けのチップかは不明なものの、「t6000」と「t6001」は昨年7月の時点から存在が報告されています。

現在、Appleが開発してそうなチップは「A15」「A14X」「A14Z」「M1X」「M2」などと予想される為、これらのチップのいずれかではないかと予想されます。

M1チップ、「macOS 11.0.1」へのアップデートで動作周波数が100MHz向上か

「A14」チップのパーツナンバーが明らかに − 「Mac」向けの3つのチップの存在も明らかに??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。