「A14」チップのパーツナンバーが明らかに − 「Mac」向けの3つのチップの存在も明らかに??

Microsoft関連のセキュリティ研究家であるLonghorn氏(@never_released)が、Appleの次期「iPhone」シリーズに搭載される「A14」プロセッサなど、未発表のAppleの自社開発チップに関するパーツナンバーを報告しています。

同氏曰く、「iPhone 12」シリーズに搭載される「A14」プロセッサのパーツナンバーは「t8101」で、次期「iPad Pro」シリーズに搭載されるであろう「A14X」プロセッサのパーツナンバーは「t8103」とのこと。

また他にも、次期「Apple Watch」こと「Apple Watch Series 6」に搭載される「S6」プロセッサのパーツナンバーは「t8301」とのことで、さらに、Apple Silicon搭載Mac用と思われるプロセッサのパーツナンバーは「t6000」「t6001」「t6002」の3つが見つかっているそうです。

この「t6000」「t6001」「t6002」の3つのプロセッサの違いなどは不明ですが、有効化されているGPUコア数が違うだけでベースは同じプロセッサの「A12X」と「A12Z」は同じ番号(t8027)であるように、番号が異なるということは設計自体が異なっていることを示しています。

Apple Silicon搭載Macは最初のモデルは年内に発売される予定ですが、3つの製品の準備が進められているということかもしれません。

3 COMMENTS

匿名

MacbookProやデスクトップ向けがどれぐらいのパフォーマンスになるか心配だな
少なくともCore i9シリーズを超えるベンチでないと皆納得しないでしょーが、はて……

匿名

もう待ち切れないよ!早く出してくれ!

匿名

WWDC前に注文したMacBook Pro 13inchが7月に届いた。これ、12月には売ることになるかなあ。

現在コメントは受け付けておりません。