「A14」チップのパーツナンバーが明らかに − 「Mac」向けの3つのチップの存在も明らかに??

Microsoft関連のセキュリティ研究家であるLonghorn氏(@never_released)が、Appleの次期「iPhone」シリーズに搭載される「A14」プロセッサなど、未発表のAppleの自社開発チップに関するパーツナンバーを報告しています。

同氏曰く、「iPhone 12」シリーズに搭載される「A14」プロセッサのパーツナンバーは「t8101」で、次期「iPad Pro」シリーズに搭載されるであろう「A14X」プロセッサのパーツナンバーは「t8103」とのこと。

また他にも、次期「Apple Watch」こと「Apple Watch Series 6」に搭載される「S6」プロセッサのパーツナンバーは「t8301」とのことで、さらに、Apple Silicon搭載Mac用と思われるプロセッサのパーツナンバーは「t6000」「t6001」「t6002」の3つが見つかっているそうです。

この「t6000」「t6001」「t6002」の3つのプロセッサの違いなどは不明ですが、有効化されているGPUコア数が違うだけでベースは同じプロセッサの「A12X」と「A12Z」は同じ番号(t8027)であるように、番号が異なるということは設計自体が異なっていることを示しています。

Apple Silicon搭載Macは最初のモデルは年内に発売される予定ですが、3つの製品の準備が進められているということかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。