M1 Macと同期したiOSデバイスでサードパーティ製アプリが起動出来なくなる不具合が報告される

9To5Macによると、一部の「iOS」および「iPadOS」のユーザーから、M1 MacとiOSデバイスを同期させると、サードパーティ製アプリがクラッシュするようになるとの不具合が報告されていることが分かりました。

不具合の内容は、M1 MacのFinderでiOSデバイスと同期させるとApp Storeからインストールしたサードパーティ製アプリがクラッシュし、起動出来なくなるといったもの。

この不具合は昨年12月より報告されていたようで、App Storeからの新規インストールやアップデートも行えなくなるとのこと。

あるユーザーによると、macOS Catalinaが動作する古いMacで同期させたところこの問題が解決したそうですが、それ以外での解決方法はなく、まだ同期していない方は同期しないことを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。