「iOS 14.5」では「Apple Watch」を利用してマスク着用時でもFace IDで「iPhone」のロック解除が可能に

本日、開発者に「iOS 14.5 beta」がリリースされましたが、MacRumorsによると、「iOS 14.5 beta」では「Apple Watch」を利用してマスク着用時でもFace IDでの「iPhone」のロックが解除出来る機能が追加されていることが分かりました。

その機能とは、「iPhone」とペアリングした「Apple Watch」を装着して「Apple Watch」のロックが解除されている状態で、「iPhone」のFace IDがマスクを着用しているユーザーを認識した場合に「iPhone」を自動でアンロックしてくれるといったもの。

設定は「iOS」の「設定>Face IDとパスコード」に用意されており、「Apple Watch」にパスコードロックを設定している必要があります。

なお、下記ツイートの映像が実際の本機能を利用しているところを撮影したものとなっています。

【補足】
コメントでも情報を頂いておりますが、本機能はあくまで「iPhone」のロック解除だけで利用可能で、Apple Payなど、その他のFace ID利用時は従来通り認識出来ない場合はパスコードの入力が必要です。

5 COMMENTS

匿名

この設定しても、マスク着けてない別人だとロック解除に失敗して、
でもそいつがマスク着けてたら、マスク有りはバイパスつーことで解除できるんだよな
…セキュリティ的つーかFaceIDの設計思想としては欠陥じゃね 正式実装されるのか?

返信する
匿名

このダブスタセキュリティにレベルダウンする奴は連絡先等々他人の迷惑になる情報端末から消せ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。