Apple、「macOS Catalina/Mojave」向けに「セキュリティアップデート2021-001」をリリース

本日、Appleが、「macOS 10.15 Catalina」と「macOS 10.14 Mojave」向けに最新の「セキュリティアップデート」をリリースしています。

「macOS 10.13 High Sierra」向け、「macOS 10.15 Catalina」向けともに「セキュリティアップデート2021-001」となっており、本アップデートにより、macOSの脆弱性が多数修正され、セキュリティが向上します。

なお、対象のユーザーはMac App Storeよりアップデート可能です。

Apple

2 COMMENTS

匿名

セキュリティということで何の気なしにアップデートかけたらプログレスバーの進捗が止まって一晩費やしてもそのままでした

返信する
匿名

M1でのBig Surアップデートと同じくHDMIでの接続が改善されている模様です。
intelのMac mini 2018(2020)をMojaveで運用している方はアップデートおすすめかも。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。