次期「iPhone」の画面内蔵型Touch IDは超音波式センサー式に?? − 光学式採用は安全性の問題で断念か

本日、1つ前の記事で、WSJがAppleは次期「iPhone」には光学式センサーを採用した画面内蔵型Touch IDを採用することを検討しているようだと報じていることをお伝えしましたが、その後、著名リーカーのMcGuire Wood氏(@Jioriku)がこの情報を否定する内容の情報を公開しています。

McGuire Wood氏によると、Appleは光学式の画面内蔵型指紋センサーから新たに設計された超音波式の画面内蔵型指紋センサーの検討に移行しているようで、同社は「iPhone SE (第2世代)」以外の「iPhone」のラインナップに超音波式の画面内蔵型指紋センサーの試作機を含むディスプレイパネルの製造を開始しているようだと報告しています。

当初、Appleは光学式のセンサーに満足していたものの、テストの結果、光学式センサーを使用すると他のユーザーによるロック解除の可能性の安全基準に満たないことが判明し、超音波式センサーの開発を開始することを決定したとのこと。

先日に採用が検討中と報じられたQualcommの新型センサー「3D Sonic Sensor Gen 2」も超音波式となっており、もしかしたらWSJの情報が古いのかもしれません。

次期「iPhone」は光学式の画面内蔵型Touch IDを搭載か

Apple、次期「iPhone」にQualcommの画面内蔵型超音波指紋センサーの採用を検討か

Qualcomm、ディスプレイに内蔵可能な超音波指紋センサー「3D Sonic Sensor」の第2世代モデルを発表 − 指紋認識領域と処理速度が向上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。