「macOS Big Sur 11.2」ではM1 MacでのBluetooth関連の不具合が修正されている模様

昨日、Appleが開発者とテスター向けに「macOS Big Sur 11.2 RC」をリリースしましたが、「macOS Big Sur 11.2」ではM1チップ搭載Macで報告されているBluetooth接続に関する不具合が修正される模様。

「macOS Big Sur 11.2 RC」のリリースノートによると、「macOS Big Sur 11.2」ではBluetoothの信頼性が向上すると記載されており、恐らく、M1チップ搭載Macで報告されていたBluetooth接続が切断される不具合が修正されているものと予想されます。

また他にも、「macOS Big Sur 11.2」では下記の不具合が修正されます。

  • HDMIからDVIへの変換アダプタを利用して「Mac mini (M1, 2020)」に接続すると、外部ディスプレイに黒い画面が表示されることがある不具合
  • 「写真」アプリでApple ProRAW写真を編集しても保存出来ない場合がある不具合
  • iCloudの”デスクトップ”フォルダと”書類”フォルダのオプションを無効化すると、iCloud Driveがオフになる不具合
  • システム環境設定で管理者パスワードを入力してもロックが解除されない場合がある不具合
  • グローブキー(地球儀キー)を押しても絵文字と記号の入力画面が表示されない不具合

なお、「macOS Big Sur 11.2」の正式リリース日は明らかにされていませんが、早ければ来週火曜日の未明にリリースされるものと予想されます。

[via iDB

Apple、M1チップ搭載「Mac」で報告されているBluetooth接続の不具合をアップデートで修正へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。