Apple、M1チップ搭載「Mac」で報告されているBluetooth接続の不具合をアップデートで修正へ

昨年11月、M1チップ搭載Macの発売後にこれらのモデルを使用する一部のユーザーからBluetooth接続が切断されたり、完全に接続出来なくなるといった不具合が報告されていることをお伝えしましたが、MacRumorsによると、Appleはこの問題の修正に取り組んでいることが分かりました。

問題はM1チップを搭載した「MacBook Pro 13インチ」「MacBook Air」「Mac mini」を使用する一部ユーザーから報告されており、問題の内容は、マウスやキーボード、ヘッドフォンなどの周辺機器との接続がランダムに切断されたり、完全に動作しなくなるなど多岐に渡っています。

問題の原因が、Macのハードウェア側にあるのか、macOSのソフトウェア側にあるのかは分かっていなかったのですが、The AtlanticのライターであるIan Bogost氏によると、Appleは同問題を修正するmacOSのアップデートが準備中であることを明らかにしたようで、近いうちにリリースされるとのこと。

早ければ現在ベータテスト中の「macOS Big Sur 11.2」で修正されるかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。