「Microsoft Excel」のiPad版がSplit Viewに対応

Microsoftの「Excel」のiPad版が、ようやく「iPadOS」のSplit Viewに対応しました。

昨日付でリリースされた最新版のバージョン2.45でSplit Viewに対応しており、複数のスプレッドシートを同時に並べて開き、表示や編集を行うことが可能となっています。

なお、同機能は「iPadOS 13」以上が必要となっており、「Word」と「PowerPoint」については、2020年5月にSplit Viewをサポート済みです。

Microsoft Excel

Microsoft Excel

Microsoft Corporation無料

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。