2021年の「iPhone」の生産台数は最大2億3,000万台で、過去最高に迫る水準か

本日、日本経済新聞が、複数の部品メーカーの話として、Appleは2021年1〜6月に「iPhone」の生産計画を前年同期比30%増の最大9,600万台とする方針を取引企業に伝えていることが分かったと報じています。

「iPhone 12」シリーズに加え、「iPhone 11」や「iPhone SE (第2世代)」を含む約9,500万台〜9,600万台の「iPhone」を製造するとのことで、「iPhone 12」シリーズの中では特に「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」が人気とのこと。

これにより、2021年通年での暫定的な予測生産台数は最大2億3,000万台で、2019年比で20%増となり、過去最高だった2015年に迫る水準だそうです。

「iPhone 12」シリーズの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。