「Windows 10X」がRTMに到達か

Microsoftの新OS「Windows 10X」は今月にもRTM(Release To Manufacturing)に達すると噂されてきましたが、本日、同OSの開発がRTMに達した可能性があることが分かりました。

これはWindows CentralのZac Bowden氏がTwitterで明らかにしたもので、確認中ではあるものの、「Windows 10X」の最終ビルドである「build 20279」がコンパイルされたようで、今後は搭載デバイスの出荷が開始されるまでの間、バグの修正作業が行われるとのこと。

ちなみに、RTMとは「Release To Manufacturing」の略称で、製造工程向けリリースや量産出荷版などと呼ばれるもので、MicrosoftがOSソフトウェアをOEMへと提供し、最終製品として出荷される準備が整ったことを意味しています。

なお、これまでの情報では、「Windows 10X」搭載デバイスは来春に発売され、Googleの「Chromebook」と競合するようなモデルが用意されると言われており、同OSの2画面デバイスへの対応は2022年の春になる予定です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。