Apple、「App Store Small Business Program」の登録を受付開始

先日、Appleが中小のアプリ開発者を対象に、App Storeの販売手数料を15%に引き下げるプログラム「App Store Small Business Program」を発表しましたが、本日、同プログラムの登録受付を開始しました。

「App Store Small Business Program」は2021年1月1日より実施予定で、新型コロナウイルスの影響等により経済的なダメージを被る開発者や、これから開発者として起業を目指す個人や小規模な企業・組織などサードパーティの開発者たちの活動を支えることを目的として創設されたもので、App Storeの販売手数料は同ストアのサービス開始時から30%を徴収していますが、下記の内容の対象となる場合に手数料が15%に引き下げられます。

  • App Storeを通じて配布中の全アプリケーションについて2020年の収益が合計100万ドル以内の既存デベロッパ、またはApp Storeを通じてこれから自身のアプリケーションを配布を計画している新規デベロッパは、本プログラムの対象となり手数料率が引き下げられます。
  • 本プログラムの対象となるデベロッパの収益が100万ドルを超えた場合には、当年の残りの期間については、標準の手数料率が適用されます。
  • デベロッパの事業が不調で当年の収益が100万ドル未満に落ち込んだ場合には、翌年の手数料率は再び15パーセントに下がります。

なお、日本時間の12月19日午前3時までに登録を行うと2021年1月1日までに手数料が変更され、それ以降は登録が承認された会計カレンダー月末の15日後に変更される仕組みです。

App Store Small Business Program

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。