Apple、App Storeの販売手数料を条件付きで15%に引き下げる「App Store Small Business Program」を発表

本日、Appleが、中小のアプリ開発者を対象に、App Storeの販売手数料を15%に引き下げるプログラム「App Store Small Business Program」を発表しました。

「App Store Small Business Program」は2021年1月1日より実施予定で、新型コロナウイルスの影響等により経済的なダメージを被る開発者や、これから開発者として起業を目指す個人や小規模な企業・組織などサードパーティの開発者たちの活動を支えることを目的としています。

App Storeの販売手数料は同ストアのサービス開始時から30%を徴収していますが、下記の内容の対象となる場合に手数料が15%に引き下げられます。

  • App Storeを通じて配布中の全アプリケーションについて2020年の収益が合計100万ドル以内の既存デベロッパ、またはApp Storeを通じてこれから自身のアプリケーションを配布を計画している新規デベロッパは、本プログラムの対象となり手数料率が引き下げられます。
  • 本プログラムの対象となるデベロッパの収益が100万ドルを超えた場合には、当年の残りの期間については、標準の手数料率が適用されます。
  • デベロッパの事業が不調で当年の収益が100万ドル未満に落ち込んだ場合には、翌年の手数料率は再び15パーセントに下がります。

なお、詳細は12月初旬に改めて発表する予定とのこと。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。