「Google Workspace」、iOSで「Microsoft Office」ファイルの編集が可能に

本日、Googleが、「Microsoft Office」ファイルの編集機能がiOSで利用できるようになったことを発表しています。

これにより、iOS搭載デバイスで「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」を利用しているユーザーは、Officeの文書をGoogleのモバイルアプリで使える形式に変換する必要がなくなり、以下のような機能が利用可能です。

  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどの優れたリアルタイム コラボレーション ツールを使用して、Microsoft Office ファイルの編集、コメント、共同作業を行うことができます。
  • 共有オプションや共有管理機能が改善され、添付ファイルをダウンロードしてメールで送信する必要性が減ります。
  • ファイル形式を変換する必要性が減り、ワークフローが簡素化されます。

また、サポートされるファイル形式は以下の通り。

  • Word ファイル:.doc、.docx、.dot
  • Excel ファイル:.xls、.xlsx、.xlt、.xlsm
  • PowerPoint ファイル:.ppt、.pptx、.pps、.pot

なお、同機能は既にウェブとAndroidでは利用可能で、Google Workspaceのユーザーだけでなく、個人のGoogle アカウントを持つユーザーも利用可能です。

ニュースリリース(英語)