「Google Workspace」、iOSで「Microsoft Office」ファイルの編集が可能に

本日、Googleが、「Microsoft Office」ファイルの編集機能がiOSで利用できるようになったことを発表しています。

これにより、iOS搭載デバイスで「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」を利用しているユーザーは、Officeの文書をGoogleのモバイルアプリで使える形式に変換する必要がなくなり、以下のような機能が利用可能です。

  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどの優れたリアルタイム コラボレーション ツールを使用して、Microsoft Office ファイルの編集、コメント、共同作業を行うことができます。
  • 共有オプションや共有管理機能が改善され、添付ファイルをダウンロードしてメールで送信する必要性が減ります。
  • ファイル形式を変換する必要性が減り、ワークフローが簡素化されます。

また、サポートされるファイル形式は以下の通り。

  • Word ファイル:.doc、.docx、.dot
  • Excel ファイル:.xls、.xlsx、.xlt、.xlsm
  • PowerPoint ファイル:.ppt、.pptx、.pps、.pot

なお、同機能は既にウェブとAndroidでは利用可能で、Google Workspaceのユーザーだけでなく、個人のGoogle アカウントを持つユーザーも利用可能です。

ニュースリリース(英語)

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。