新型「Apple TV」は「A14X」チップを搭載する可能性が浮上 − 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」に匹敵するタイトルも開発中か

Appleは新型「Apple TV」を準備中で、年内にも発売されると噂されていますが、その新型「Apple TV」に関する新たな情報が出て来ました。

著名リーカーのFudge氏によると、Appleは「Apple Arcade」向けに「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」に匹敵することを目指したゲームを開発しており、そのために「A12X」や「A12Z」「A14X」を搭載した様々な「Apple TV」がテストされているようで、一部のゲームは「A13」以降でしか動作しないものもあると述べています。

また、新しいコントローラーも開発されているとのことで、これがSiriリモートなのか、ゲームコントローラーなのかは不明ですが、話の流れだとゲームコントローラーである可能性が高そうです。

これまでの噂では、新型「Apple TV」には「A12X Bionic」チップが搭載され、ストレージ容量は64GBと128GBになると言われてきましたが、上記の「A12X」「A12Z」「A14X」の各チップを搭載した複数のモデルが発売されるのか、どれかに絞って発売されるのかは現時点では不明です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。