複数の定額制デジタルサービスをまとめた「Apple One」の存在が確認される − 来週発表か

先月、Appleが複数の定額デジタルサービスを顧客がまとめて利用できるパッケージ「Apple One」の提供を準備しているとの情報がありましたが、9To5Googleによると、「Apple Music」のAndroid向け公式アプリの最新ベータ版から「Apple One」に関する証拠が見つかったことが分かりました。

Android向け「Apple Music」アプリの最新バージョンである”バージョン3.4.0″のベータ版から、「Apple One」のコードネームが「aristotle」であることや、「Apple Music」アプリを起動した際に「Apple One」に含まれており、サブスクリプション契約が重複しないよう案内する文面の記述が複数見つかった模様。

また、『iPhone、iPad、Apple TV、Macを使ってApple Oneのサブスクリプションを管理することができます。』との記述も見つかっており、Android向け「Apple Music」アプリでは、「Apple One」の契約を管理したり、更新したりすることは出来ない模様。

なお、先月の情報では、「Apple One」の基本パッケージには「Apple Music」と「Apple TV+」が含まれ、追加料金を払えば定額制ゲームサービスの「Apple Arcade」も利用可能で、さらに「iCloud」のストレージ容量追加を含むより高額なセットも用意されると言われています。

もしかしたら来週9月15日の発表イベントで「Apple One」も発表されるのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。