Apple、複数の定額制デジタルサービスをまとめた「Apple One」を今秋に発表か

Bloombergが、事情に詳しい複数の関係者の話として、Appleが複数の定額デジタルサービスを顧客がまとめて利用できるパッケージの提供を準備していると報じています。

まとめることにより、サービスごとの契約より安い月額料金で利用できるようになるとのことで、そのパッケージの名称は「Apple One」と呼ばれ、「iPhone 12」シリーズの投入に合わせて今年10月にも提供を開始する予定。

基本パッケージには「Apple Music」と「Apple TV+」が含まれ、追加料金を払えば定額制ゲームサービスの「Apple Arcade」も利用可能で、さらに「iCloud」のストレージ容量追加を含むより高額なセットも用意される模様。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。