「Windows 10」、リリースから丸5年を迎える

本日、2020年7月29日で、Microsoftの「Windows 10」が一般向けに正式リリースされてから丸5年を迎えました。

「Windows 10」は2015年7月29日に正式にリリースされ、正式リリースから1年間は「Windows 7/8.1」から無償でアップデート可能でした。(現在も可能との情報もあり)

「Windows 10」のリリース当初の特徴は、スタートメニューの復活や音声アシスタント「Cortana」搭載、新ブラウザ「Microsoft Edge」搭載、ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)の採用、生体認証機能「Windows Hello」搭載などがありました。

また、これまでに9回の大型アップデートがリリースされており、リリースから4年8ヶ月目の2020年3月に搭載端末が10億台を突破しています。

(スタートメニューの比較:左=初期バージョン, 右=現行)

Windows 10 – Wikipedia
リリース時のニュースリリース – Microsoft

[via Windows Central

「Windows 10」搭載端末が10億台の大台を突破

1 COMMENT

匿名

5周年おめでとうございます。
今後はUIと安定性頑張って。

現在コメントは受け付けておりません。