Apple、Macを自社製チップ「Apple Silicon」に移行すると発表

本日、Appleが、「WWDC20」において、Macを自社製チップ「Apple Silicon」に移行することを発表しました。

「Apple Silicon」搭載Macに関する特徴を簡単にまとめると下記の通り。

・低消費電力で高性能が特徴
・自社アプリはすべて「Apple Silicon」に対応
・AdobeやMicrosoftもアプリを対応へ
・Intel Mac向けのアプリを「Apple Silicon」搭載Macで動作させる為の「Rosetta 2」を搭載
・「Apple Silicon」搭載MacはiPhone/iPadアプリもサポートし、Mac App Storeからダウンロード可能に
・Quick Start ProgramやDeveloper Transition Kitを提供
・最初の自社製チップ搭載Macは年内発表
・2年間かけて移行予定

2 COMMENTS

匿名

かねてより噂されていたことから驚きはないけどターニングポイントになるかもしれない出来事だよね。
電源に常時接続してるデスクトップマシンに省エネ性やらワットパフォーマンス求めてパワフルなX64の互換性捨てるのはもったいないなとは思う

marr

既存のデスクトップorノートブック的なモノとは棲み分けしていくということなのでしょう。いずれ発売されるであろうウェアラブル関連製品に相当な自信がある現れ。

現在コメントは受け付けておりません。