Apple、「このAppの共有は取り消されました」と表示される不具合を当該アプリのアップデートの再リリースで対応

先日、「iOS 13.5」や「iOS 13.4.1」の一部ユーザーからアプリを開こうとすると「このAppの共有は取り消されました。」の警告が表示され、アプリが起動出来ないといった不具合が多数報告されていることをお伝えしましたが、その後、この問題を回避するために多数のアプリのアップデートが再リリースされていることが分かりました。

この週末に多数のアプリのアップデートが配信されていることに気付いたユーザーも多いと思いますが、これらアップデートはあくまで最近リリースされたアップデートの再リリースとなっています。

先日の「このAppの共有は取り消されました。」と表示される不具合は、アプリの再インストールで修正されることが確認されていましたが、Appleは問題が発生するアプリのアップデートを再リリースすることで、再インストールのプロセスを自動及び強制的に行い、エラーを回避させている模様。

なお、今回の問題の不具合は暗号化署名の問題とみられています。

[via 9to5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。