「iOS」の一部ユーザーで「このAppの共有は取り消されました」との警告が出てアプリが開けない不具合が発生中

Apple Insiderなどによると、現在、一部のiOSユーザーから「このAppの共有は取り消されました。」との警告分が出てアプリが開けない問題が報告されていることが分かりました。

問題が報告されているのは「iOS 13.5」や「iOS 13.4.1」のユーザーからで、アプリを開こうとすると「このAppの共有は取り消されました。」の警告が表示され、アプリが起動出来ないといったもの。

YouTube、Twitter、WhatsApp、Facebook、TikTok、LastPass、LINEなど、多くのアプリで同様の問題が報告されており、原因は不明で、現時点で解決方法として報告されているのはアプリの再インストールですが、アプリによってはデータが消えてしまう場合もあり、その場合はApple側の何かしらの対応を待つしかない状況となっています。

【追記】
「設定>一般>iPhoneストレージ」から当該アプリを取り除き、再インストールすることでアプリのデータは保持しつつ、対応可能です。

5 COMMENTS

匿名

WhatsAppやLINEは勿論、TwitterやFacebookのDMはクリエイター達が仕事の連絡で使用するから対処法知らないと致命的だな
Appleに限らないが最低限メジャーアプリの動作チェック程度は実施してほしいものだ

匿名

LINE以外はアカウントあれば全然致命的じゃない

匿名

アカウントあってもモバイルオンリーだと無理

匿名

だよな???
WhatsAppが大丈夫な環境ならLINEも全く問題ないしその逆もしかり
出先とかで対処方法知らないと普通に終わると思うが

匿名

TwitterやFacebookはブラウザ経由でDMは使えるからまあ分かる。
WhatsAppはアプリに飛ばされるから無理っぽいね。

現在コメントは受け付けておりません。