Apple、App StoreやApple Musicなどのサービス提供国を拡大

本日、Appleが、App StoreやiCloud、Apple Musicなどの同社のサービスの提供国を拡大したことを発表しました。

まず、App Store、Apple Arcade、Apple Music、Apple Podcast、iCloudが、さらに20カ国で利用可能になり、利用可能になった国は下記の通り。

  • アフリカ:カメルーン、コートジボワール、コンゴ民主共和国、ガボン、リビア、モロッコ、ルワンダ、ザンビア
  • アジア太平洋:モルディブ、ミャンマー
  • ヨーロッパ:ボスニア・ヘルツェゴビナ、ジョージア、コソボ、モンテネグロ、セルビア
  • 中東:アフガニスタン(Apple Musicを除く)、イラク
  • オセアニア:ナウル(Apple Musicを除く)、トンガ、バヌアツ

また、Apple Musicも新たに52カ国で利用可能になり、利用可能になった国は下記の通り。

  • アフリカ:アルジェリア、アンゴラ、ベナン、チャド、リベリア、マダガスカル、マラウイ、マリ、モーリタニア、モザンビーク、ナミビア、コンゴ共和国、セネガル、セイシェル、シエラレオネ、タンザニア、チュニジア
  • アジア太平洋:ブータン
  • ヨーロッパ:クロアチア、アイスランド、北マケドニア
  • ラテンアメリカおよびカリブ海諸国:バハマ、ガイアナ、ジャマイカ、モントセラト、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、スリナム、タークスアンドカイコス、ウルグアイ
  • 中東:クウェート、カタール、イエメン
  • オセアニア:ソロモン諸島

なお、これによりApp Storeは175の国と地域で利用可能になり、Apple Musicは167の国と地域で利用可能になったそうです。

iPhone SE (第2世代)の予約はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。