「macOS Catalina 10.15.4」、大容量ファイルの転送中にクラッシュする不具合が一部ユーザーから報告される

MacRumorsによると、3月にリリースされた「macOS Catalina 10.15.4」にアップデートした複数のユーザーがシステムがクラッシュする問題を報告していることが分かりました。

その問題は、ユーザーが大容量のファイルを転送しようとした時によく発生するようで、RAIDストレージ構築アプリの「SoftRAID」の開発元が「macOS Catalina 10.15.5」での修正に向けてAppleのエンジニアと協力していることを明らかにしています。

また他にも、「macOS Catalina 10.15.4」では、一部のMacでスリープから復帰した際にクラッシュし、再起動する不具合も報告されています。

4 COMMENTS

通りすがり

やはりそうでしたか。当方、当該不具合に大変な迷惑を被っております。早急な対応を望みます。(大変な時期ではありますが)

通りすがり

Time Machineもおかしくないですか?

匿名

ネットワーク接続の「写真アプリ」サムネイル の表示がなくなるし(表示までの時間がすごい長い)、ネットワーク関係がおかしい。

現在コメントは受け付けておりません。