開発が再開されたと噂される「AirPower」の続報

先日、Appleがワイヤレス充電マット「AirPower」の開発を再開したかもしれないとお伝えしましたが、そのことを報告していたリーカーのJon Prosser氏(@jon_prosse)が、Appleが開発を再開したとされる「AirPower」に関する新たな情報を公開しています。

まず、AppleはLightningコネクタなどのポートを搭載しない「iPhone」を投入するためには「AirPower」は必要不可欠な存在と考えているようです。

また、開発が再開された「AirPower」のコードネームは、開発中止となったオリジナルモデルと同じ「Callisto(カリスト)」で、コイルの数はオリジナルモデルに比べ少ないものの、より大きなコイルの採用することを検討している模様。

さらに、試作機の素材は、オリジナルモデルのシリコンではなく、白いレザーが採用されているそうです。

なお、これらの情報がどこまで正しいのかは不明で、同氏はこのプロジェクトから最終的に製品化されて発売される保証はないとも述べていました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。