Apple、Macで「Windows 10」を実行した際にディスプレイの一部が歪む問題に関するサポートドキュメントを公開

MacRumorsによると、Appleが、Macで「Windows 10」を実行した際に、ディスプレイの右側に歪みが発生する問題に関するサポートドキュメントを公開していることが分かりました。

この問題は、特定のAMD Radeon グラフィックスを搭載したMacで、Boot Campを利用して「Windows 10」を実行した場合に発生し、ディスプリエの右側が歪んだり、ちらついたりすることがあるとのこと。

また、「Windows 10」のインストーラーで古いAMDグラフィックスドライバが搭載されていることから、Macにこのバージョンの「Windows 10」は対応していないと表示される場合があるそうです。

これら問題の対処法としては、AMDグラフィックスドライバを最新のものにアップデートすることで、最新のドライバがまだ利用出来ない場合や外部ディスプレイの場合は、ディスプレイの解像度を下げることで回避可能とのこと。

If the right side of your Mac screen is distorted in Windows 10
Boot Camp で Windows 用の AMD グラフィックスドライバをアップデートする

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。