楽天モバイル、主力料金プランは大容量で2,980円か − 大手3社の半額以下に

楽天モバイルは4月から正式にサービスを開始する予定ですが、その料金について、大容量のデータ通信で月額料金が2980円のプランを主力にする方針を固めたことが分かりました。

これは日本経済新聞が報じたもので、楽天モバイルは月2980円の主力プランのデータ通信量を最終調整しており、容量に上限を設けないことも検討しているそうで、NTTドコモは上限60GBで月6980円、ソフトバンクは50GBで7480円、KDDIはデータ容量の上限なしプランで7480円となっており、大手3社の現行料金の半額以下を目指し、当面は先行投資で携帯電話事業は赤字の見通しだが、低価格を打ち出し大手から顧客を奪うことが狙いの模様。

ただ、他社も対抗策に出るとみられ、値下げ競争が起こるのではないかとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。