2020年2月のブラウザやOSのシェア(Net Applications調べ)

毎月恒例ですが、Net Applicationsが、4万サイトのアクセス解析に基づいた2020年2月のブラウザやOSの各種市場シェアの情報を公開しています。

2020年2月の各種市場シェアは下記の通りで、「Microsoft Edge」が初めて「Internet Explorer」を上回りました。
(括弧内は前月の数値 / これらのデータは統計を取っている会社により数値が違う為、あくまで参考です)

ブラウザシェア/デスクトップ

  • 1位,Chrome:67.27%(66.93%)
  • 2位,Firefox:7.57%(8.12%)
  • 3位,Microsoft Edge:7.39%(7.02%)
  • 4位,Internet Explorer:6.38%(6.60%)
  • 5位,Safari:3.88%(4.24%)

ブラウザシェア/モバイル・タブレット

  • 1位,Chrome:62.13%(62.20%)
  • 2位,Safari:27.42%(27.84%)
  • 3位,Samsung Browser:4.17%(4.12%)
  • 4位,QQ:1.53%(1.24%)
  • 5位,UC Browser:1.12%(1.13%)
  • 6位,Baidu:1.12%(1.04%)

OSシェア/デスクトップ

  • 1位,Windows:88.20%(88.14%)
  • 2位,Mac:9.42%(9.74%)
  • 3位,Linux:1.82%(1.47%)
  • 4位,Chrome OS:0.42%(0.49%)

OSシェア/モバイル・タブレット

  • 1位,Android:69.64%(69.60%)
  • 2位,iOS:28.49%(28.87%)
  • 3位,iPadOS:1.52%(1.17%)
  • 4位,Linux:0.03%(0.03%)
  • 5位,Series 40:0.02%(0.03%)
  • 6位,Windows Phone OS:0.02%(0.02%)

なお、他にもサーチエンジンのシェア(デスクトップ/モバイル・タブレット)も公開されているので、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。