Apple、今年前半に発売する新製品の生産を台湾で行うことを検討か − 新型コロナウィルスの影響を受け

Appleの各種製品の組み立てを請け負っているFoxconnは、新型コロナウィルスの影響で中国国内の各工場での生産をまだ完全に再開させることが出来ない状況となっており、この状態が長引けば製品の出荷に影響が出始めると言われていますが、Appleは2020年前半に発売する新製品の組み立てを台湾の工場にシフトすることを検討しているようです。

これはDigiTimesが業界筋の話として報じたもので、新型コロナウィルスによる生産リスクを分散させる為に、2020年前半に発売する新製品の組み立ての発注を台湾の工場に移すことを検討しているとのこと。

現時点でそれ以上の情報は公開されていませんが、2020年前半にはiPhone 9や新型MacBook Pro 13インチ、新型MacBook Air、新型iPad Proなどの投入が噂されており、これら製品の発売に影響しなければ良いのですが。

2 COMMENTS

匿名

そんなに簡単に、「あっちがダメならはいこっち!」ってできるものかねぇ…
フォックスコンなら同一法人だからなんとかなるのかもしれないけど…

匿名

先ほどNHKのニュースで台湾に製造拠点を移動するとやってた。

現在コメントは受け付けておりません。